Photographer

Concept

私達が考える「ハレの日」とは家族の成長を祝う日です。
また、新たに成長をしていくスタートの日でもあります。
何度でも、何度でも、見返したくなる
ハレの日の「その人らしさ」の写真をご提供をいたします。

G Photo Department フォトクリエイター

加藤 隼人

東京都を主軸に関東・東海地方で1000件を超えるブライダルフォトを手掛けた後、 お客様にもっと寄り添ったその人らしい写真を地方にも届けたいという想いで東北、北海道へ渡る。
フォトグラファーチームG PHOTO DEPARTMENT 立ち上げマネージャーを務めつつ、15年培った技術と経験を活かし、ウエディングに留まらない、その人の人生を撮る写真をテーマに、「函館市民25万人ポートレートプロジェクト」を立案し、地元である北海道函館市を盛り上げるべく活動中。
受賞歴:高文連道南支部写真地区大会3年連続最優秀賞受賞

松原 大悟

立教大学在学中、先輩にあたる写真家 三浦安間氏に師事。
卒業後、Studio shadow西麻布で写真家 深町直之氏に師事。
その後、フリーランスとして独立し東京都を中心に活動した後、2013年よりシンガポールに活動拠点を移す。
2017年に帰国し、日本で培った経験と海外でさらなる飛躍を遂げたその高い撮影技術と、ユーモアセンスあふれるコミュニケーション力を武器に、人生最大のアニバーサリーであるウエディングを主軸のフィールドとして活動中。
受賞歴:2020年度ゼクシィーフォトコンテスト入賞

阿部 豊

大学在学中にカメラと出逢い、元気の源になるような、人の笑顔を残したいという想いから、ポートレートを中心に撮影経験を積む。
その実績が高じ、ブライダル・イベント・幼稚園や学校での撮影など、学生フォトグラファーとして様々な分野の撮影へと活動の幅を広げる。
その後、フリーランスとして地元である岩手県でフォトグラファーとしての活動を継続しつつ、動画撮影や編集にも携わり技術の幅も広がっていく。
学生時代より培った豊富な経験を経て、彼の原点である、出逢った人の人生最高の笑顔を届けるべく、現在は東海地方へ渡り、ウエディングフォトグラファーとして活動中。

副田 真由

大阪府出身のG PHOTO DEPARTMENT唯一の女性ウエディングフォトグラファー。
幼い頃から書道やDIYなどが得意で、多分野で数々の受賞歴を持つ器用な一面を持つ彼女は、関西で培ったボキャブラリーと、かゆい所に手が届く持ち前のコミュニケーション力を武器に、多くの花嫁様に支持され、ウエディングから始まり、マタニティーフォトへ繋がり…その方の人生というストーリーを撮影している。
今後も時と共に変化する家族のストーリーを撮り続けていく事を胸に、現在は北海道を中心に活動中。

佐々木 大翔

幼少期より野球一筋、現在も社会人チームに属し最優秀賞を誇るスポーツマン。
趣味でカメラを始めたことを機に、写真の魅力に取りつかれフォトグラファーの道へ。
野球で培った高い身体能力とフットワークの軽さで、多くの人が感情を表面化し、動きを伴うウエディングという現場で、最高の瞬間をとらえることへ貪欲にシャッターをきる強い想いを胸に、思わず飾りたくなる一枚を追求しながら活動中。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。